WEB広告

Googleアドワーズのコンバージョンタグとリマーケティングタグ 発行から設置まで

アイキャッチ
Pocket

 

 

広告運用を行う上でとても重要になってくるのがタグです。

今回はGoogleアドワーズを運用するにあたってとても重要なコンバージョンタグと李マーケティングタグについて。

またそれぞれのタグの発行方法と設置方法を紹介させていただきたいと思います。

Googleアドワーズで重要なコンバージョンタグとリマーケティングタグ

Googleアドワーズで重要なコンバージョンタグとリマーケティングタグ

アドワーズでの広告運用を始めるにあたって重要なコンバージョンタグと、リマーケティングタグについてまずは書かせていただきます。

タグそれぞれの目的を把握した上で発行や設置作業を進めてください。

アドワーズのコンバージョンタグ

コンバージョンタグはその名前の通り、コンバージョンを計測するためのタグになります。

タグを目的のページに設置することで、ユーザーが目的のページまで広告経由で遷移したかどうかを確認することができます。

画像引用元:一番やさしいコンバージョンタグの仕組み

言い換えるとアドワーズ広告経由での成果(コンバージョン)を図る為にはコンバージョンタグの設置をしなければいけないということになります。

※これまではタグの名前はコンバージョンタグとなっておりましたが、新しいアドワーズの管理画面ではイベントスニペッドという名前になっています。

アドワーズのリマーケティングタグ

アドワーズのリマーケティングタグは、リマーケティングを行う為に必要なタグになります。

Googleアナリティクスと連携した方法も御座いますが、ここでは割愛させていただきます。

リマーケティング広告の仕組みですが、簡単にいうとサイトに訪れたユーザーをマークし、そのマークに対して広告を配信することができる広告になります。

画像引用元:サイトリターゲティングの始め方 – Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

上記の図はヤフーディスプレイ広告のリターゲティングの紹介ですが、アドワーズも基本的には同じ仕組みとなっております。

※これまではタグの名前はリマーケティングタグとなっておりましたが、新しいアドワーズの管理画面ではグローバルサイトタグという名前になっています。

コンバージョンタグとリマーケティングタグの発行方法

コンバージョンタグとリマーケティングタグの発行方法

では、各種タグの発行方法を書かせていただきます。

また今回は新しくなったアドワーズの管理画面でのタグの発行方法を紹介させていただきます。

説明に出てくるグローバルサイトタグはリマーケティングなどに必要なタグ。イベントスニペッドはコンバージョンに必要なものと考えてください。

グローバルサイトタグとイベントスニペッドの発行

まず準備としてアドワーズの管理画面に入ってください。

アドワーズの管理画面に入ったら右上のツールボタン(工具のようなマーク)をクリックし、その後に開かれたコンバージョンと書かれたボタンをクリックしてください。

図1

その次の画面の左上の青いボタンをクリックします。

図2

その後、コンバージョンの目的を選ぶ画面になるので、その画面でトラッキング(計測する)目的を選びます。

サンキューページへの遷移などを計測する際はウェブサイトを選びます。

図3

その後に出る画面ではコンバージョンを測定するルールを設定します。

コンバージョン名は任意。カテゴリは目的。値に関しては、そのコンバージョンに対しての価値(金額)が決まっていなければ値を設定しないを選んで下さい。

カウント方法は基本的な設定のままで問題ありませんが、1度きりしか応募できないようなサービスの場合は1回に設定しておくことをオススメします。

その他設定に関しては、目的に応じて選んでいただければ良いと思いますが、基本的にはデフォルトのままで問題はありません。

図4

項目を選び終わったら、下の「作成して続行」ボタンを押します。

下の画面に移動するとグローバルサイトタグという箇所があるので、右下のスニペッドをダウンロードをクリックし、グローバルサイトタグを保存してください。

図5

次にさらに下の部分のイベントスニペッドに移動します。

ここではウェブサイトをクリックという項目も選べますが、サインキューページがサイト(登録ありがとうございましたと表示されるページ)がある場合はクリックを撰んでください。

あとは先ほどのグローバルサイトタグと同様に、スニペッドをダウンロードを押せばタグの発行は完了します。

アドワーズの各種タグの設置方法

アドワーズの各種タグの設置方法

タグの設置方法は大きく分けて2種類あります。

1つ目が直接タグを埋め込む方法です。

もう1つの方法がGoogleタグマネージャーなどのタグマネージャーを使った設定の方法があります。

タグマネージャーを利用するとタグの追加作業が楽になるのですが、方法が複雑なので次の記事にでも書かせていただき、今回は直接タグを設置する方法を紹介させていただきます。

グローバルサイトタグとイベントスニペッドの設置方法

先ほど取得したグローバルサイトタグとイベントスニペッドをダウンロードしたら、次はサイトへの設置となります。

対象となるページのhtmlなどを用意し、開いた状態にしておいてください。

設置箇所はheadタグとheadタグの間になります。

図9

この箇所にグローバルサイトタグを設置。改行してイベントスニペッドを設置し、アップロードすれば設定は完了になります。

タグ設置の際の注意点

間違えてアップしても元に戻せるように必ず変更前のhtmlなどを保存しておいてください。

またタグの設置箇所ですが、グローバルサイトタグはリマーケティングタグと同じなので、全ページに設置してください。

イベントスニペッドはコンバージョンを計測するためのタグなので、サンキューページのみに設置してください。

最後に

今回はアドワーズの広告運用に必要なタグの設定方法を簡単に書かせていただきました。

次は複数のタグを管理するために便利なタグマネージャーの設定方法や、アナリティクスへの紐付け方法などを紹介したいと思います。

他にもこんな記事を書いています。
良かったらお読みください。

過去記事:「これくらいは覚えておこう!」よく使うWEB広告用語集【計測・指標編】

過去記事:【チェック項目付!】ディスプレイ広告で注意すべき5つのこと