Adsense

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について


4月末頃からAdsenseから「ページ単位の広告の紹介」という知らせが届きました。

今後この新しい広告フォーマットが追加されたことで、googleディスプレイネットワークのクリック率に大きな影響が出てくることが予想されます。

今回は「ページ単位の広告」とは何のことを指すのか、その影響はどういったものなのかを書いていきます。

そもそもGDNって何?といった方や、CTRなどの単語が良くわからない方は以前書かせて頂いた記事をご覧下さい。

以前の記事:「YDNとGDNって何が違うの?」ディスプレイ広告の機能 まとめ

以前の記事:「これくらいは覚えておこう!」よく使うWEB広告用語集【計測・指標編】

ページ単位の広告とは

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について

まずこちらから書かせてもらいます。

ページ単位の広告というのは、Google Adsenseが最近(2016年4月末)から推奨してきた広告です。

簡単に書くと「新しいモバイル用の広告枠を設置して、コンテンツの収益増加を目指しましょう」といったものになります。

今回書かせてもらうページ単位の広告は「アンカー広告」と「モバイル全面広告」があり、どちらもモバイルでサイトを開いた際に表示される広告になります。

ページ単位の広告:アンカー広告とは

アンカー広告とは言葉の通り、アンカー部分に表示される広告になります。

モバイルでサイトを表示した際に、サイト下部に表示されます。

どのコンテンツを見ていても広告が表示されるので、視認性はかなり高くなります。

BANNER LABをスマホで見た場合はこのように表示されます。

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について

サイトの一番下の部分に出ているのがアンカー広告です。

先程も書いた通り視認性は高くなるものの、ユーザーからすれば少しウザったいと思われるかもしれません。

ページ単位の広告:モバイル全面広告とは

モバイル全面広告も言葉の通りにはなりますが、全面に表示される広告になります。

先程書かせていただきましたアンカー広告は常時表示される広告になりますが、モバイル全面広告は別ページを開こうとした際のサイトのページの読み込みの間に表示される広告になります。

BANNER LABの場合はこのように表示されます。

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について

こちらは全面表示の広告になるので、視認性どころではありません。
ユーザーが意図しないクリックも増えてきそうです。

どちらの広告にも共通している所は、ユーザーが簡単に非表示にできることと、モバイルで表示されることです。

影響がありそうな部分

「GDNのCTRが大きく変わるかも」アンカー広告とモバイル全画面広告について

この新しい広告フォーマットによって、Googleを始め、メディア側のモバイルでの収益が増えることが予想されます。

新しい広告フォーマットを利用するサイトが多くなることが予想されます。

「アンカー広告」と「モバイル全面広告」を利用するサイトが増えた場合に考えられる影響をまとめてみました。

 広告側
(広告代理店など)
メディア側
(サイト運営者など)
表示回数の視認性上がる上がる
クリック数増える可能性が高い増える可能性が高い
影響がでそうな部分①広告を不快に思うユーザーが出てくる可能性ユーザーの意図しない広告のクリック
影響がでそうな部分②広告のせいで回遊率が下がる広告ではなくフォーマットが要因でCTRに影響が出る

あくまでもこれは個人的な考えになりますが、今までに無かった広告が表示されるので影響は出てくると考えています。

広告運用をする側としては、こういった影響も考えて正しい成果を追っていきたいところです。

クリック率改善に関しての記事も以前書かせていただいたので、良かったらこちらもお読み下さい。

以前の記事:「クリック率改善に繋がる!」3分でできる広告の考え方と方法