WEB広告

「YDNとGDNって何が違うの?」ディスプレイ広告の機能 まとめ

【広告担当者】なら知っておきたいディスプレイ広告の機能まとめ

 

 

「ディスプレイ広告ってあれでしょ?バナーでしょ?」
と言う人に限って、ディスプレイ広告でできることを把握していないことが多いと感じます。

今回はディスプレイ広告の1つであるYDNとGDNの機能を紹介していきたいと思います。

ディスプレイ広告とは

簡単に説明するとサイト上に掲載される広告のことです。

サイト上に設置された広告枠に色々な広告が表示され、ユーザーの目に広告が届いています。
代表的なのがバナー広告ですが、それ以外にもテキスト広告、動画広告なども配信されています。
 
display-ad1
 
ちなみにYDNはYahoo!ディスプレイアドネットワークの略称で、Yahoo! JAPANのコンテンツサイトや提携サイトの広告枠に広告が表示されます。
GDNはGoogleディスプレイネットワークの略称で、Googleの提携サイトの広告枠に広告が表示されます。

検索連動型広告とディスプレイ広告の違い

検索連動型広告とディスプレイ広告の簡単な違いを紹介します。
以下のように掲載面や課金形式、表示できる広告の形式などが変わります。
 

          検索連動型広告YDNGDN
掲載面YahooやGoogleの検索結果画面YahooとYahooに広告枠を提供しているサイトの広告枠Googleに広告枠を提供しているサイトの広告枠
課金形式クリック型クリック型・枠掲載型・表示回保証型クリック型・表示回保証型
掲載形式テキスト広告テキスト広告・バナー広告・動画広告テキスト広告・バナー広告・動画広告
ユーザーの接触機会検索時サイト閲覧時サイト閲覧時
地域を絞った配信
デバイスを絞った配信△(SPだけの設定は不可)
性別を絞った配信×

 
広告運用をしていて良く聞かれるのが、デバイス別、性別などのセグメントの設定です。
検索連動型広告は性別の設定ができません。
また完全にデバイスを分けて配信することもできません。

YDN・GDNの違い

YDNとGDNでは掲載されるサイトにも違いがあります。
上記でも書きましたがより詳しく説明していきたいと思います。
表示されるサイトの傾向を見てどういった広告配信を行うのかを考えるのも良いでしょう。
 

          YDNGDN
自社のサービスサイトYahooニュース・メール・ブログ・ファイナンスなし
Yahoo・天気・映像・知恵袋・地図
GYAO!・ヤフオク・スポーツナビ
ブログ系サイトアメブロアメブロ
はてなダイアリーライブドアブログ
ニュース系サイト毎日新聞BIGLOBE
朝日新聞
投稿型・SNS系サイトピクシブピクシブ
クックパッド食べログ
NAVERまとめmixi
動画系サイトニコニコ動画YOUTUBE
質問系サイトOKWavegoo

 
YDNは自社のサービスサイトが多いことが特徴的です。

GDNはYDNと違い自社のサービスサイトはありませんが提携の審査のハードルが低いことから、一般人が作ったサイトなどと提携していることが多いです。

YDN・GDNの機能一覧

ディスプレイ広告では、地域や時間などの配信方法に加えて、人やサイトをターゲティングして広告を配信することができます。

YDN・GDNの機能一覧を表記したので、目的毎にどんなターゲティングが可能か考えてみても良いでしょう。
 

 セグメント・配信方法YDNGDN
配信方法時間・曜日
地域・デバイス
フリークエンシーキャップ
人をターゲティングデモグラフィックターゲティング(年齢・性別)
リマーケティング◯(YDNでの名称はリターゲティング)
類似ユーザー
サーチターゲティング×
インタレストマッチ×
インタレストカテゴリターゲティング
サイトをターゲティングコンテンツターゲット×
トピックターゲット◯(YDNでの名称はサイトカテゴリターゲティング)
プレースメントターゲット

フリークエンシーキャップ

「フリークエンシー」とは「頻度」を意味する言葉です。
ユーザー1人が同じ広告に接触する頻度にキャップをすることができる機能のことをフリークエンシーキャップと言います。

ユーザーに同じ広告を見せすぎてユーザーに不快感を持たせない為に、広告の接触頻度を調整できる機能です。
WEB担さんで詳しく紹介されていたので、良かったら確認してみてください。

リンク:ユーザー1人当たりの最適な広告表示回数は何回? 実際のアカウントでYDNフリークエンシーコントロールを検証

デモグラフィックターゲティング

上記の表に書いてある通りですが、年齢や性別などをターゲティングして広告配信を行う方法です。
狙う性別や年齢に合わせてバナーやテキスト広告を作って、対象に合わせた広告を配信するといったことも可能になります。

リターゲティング広告・リマーケティング広告

リターゲティング広告・リマーケティング広告は1度以上、サイトに接触したユーザーに再度広告を配信する広告手法です。

サイト内にタグを埋め込むことで、サイトに1度以上接触をしたユーザーの情報をリターゲティングリスト・リマーケティングリストにすることができます。
そのリストに対して広告を配信することが可能になります。
 

 
引用:リマーケティングの仕組みを把握する | 新版 SEM:リスティング広告 新・100の法則 | Web担当者Forum

リピート商材であれば成約ページまで遷移したユーザーのリストのみに配信をして、顧客だけに配信を届けることが可能です。

また検討期間が長く、成果地点のハードルの高い商材であれば、何度も広告を配信することで効果を高める期待ができます。
サイトの滞在期間も設定に加えて、長くサイトに滞在していたユーザーは商材に興味があるユーザーと見込んで配信することも可能です。

リターゲティング広告・リマーケティング広告はリストの取得方法によって様々なプロモーションが可能になる配信手法です。

類似ユーザー

類似ユーザーは上記で説明したリターゲティングリスト・リマーケティングリストと似たユーザーをリストとして抽出することができることをいいます。

サイトに訪問したリターゲティングリスト・リマーケティングリストの履歴と様々なユーザーのWEB上の行動履歴を基に解析を行い、類似ユーザーを抽出します。

サイトに来たことがないユーザーでも、類似ユーザーリストとして配信を行うことが可能となります。

サーチターゲティング(YDNのみ)

ユーザーの検索履歴をキーワードとして、ターゲティングすることができる配信手法です。

ユーザーが過去に調べていそうなキーワードをリストとして登録します。
登録したキーワードを調べたことがあるユーザーに広告が表示されます。

検索連動型広告で効果が良く検索ボリュームが多いキーワードがある場合、そのキーワードをサーチターゲティングで配信すると効果が見込める可能性が高いです。
また、クリック単価が高騰しすぎて広告出稿が難しい場合も、検索連動型広告に比べて安く広告を配信できる可能性が高いです。

注意しないといけないのが、「検索連動は今」、「サーチターゲティングは過去」になるのでユーザーの熱が冷めている場合があるのでユーザーのニーズを考えて設定するのが良いでしょう。

LISKULさんでは詳しい設定の方法なども紹介されていたので、よかったら読んでみて下さい。

リンク:サーチターゲティング|YDN「サーチターゲティング」の事例と3つのポイント

インタレストマッチとインタレストカテゴリターゲティング

よく混同される2つなので、2つの違いを表にしてみました。
 

 インタレストマッチインタレストカテゴリターゲティング
使用できる媒体YDNYDN・GDN
何を対象に判別するか閲覧中ページの内容や閲覧履歴・過去の検索キーワードを基に判別ユーザーの行動記録を興味・関心の属性として判別
配信の違いユーザーの行動結果から適切なユーザーをシステムが自動的に探し配信する事前に対象となるユーザーの興味関心を考えてリスト化し、リストに対して配信する

 
インタレストマッチはYDNのみのサービスです。
ユーザーが見ているWEBページの内容や閲覧履歴、検索したキーワードを基に広告を配信してくれます。
適切なユーザーを自動的に探してくれるので、複雑な設定を行わないで配信できるところが特徴と言えます。

インタレストカテゴリターゲティングはYDNとGDNのどちらも利用可能です。
ユーザーの行動記録を興味・関心の属性し、配信する際は興味・関心の属性を指定することで配信ができます。

コンテンツターゲット(GDNのみ)

こちらは先ほど紹介した、サーチターゲティングと混同されることがあります。
コンテンツターゲットは、サイトコンテンツをキーワードによってターゲティングする方法です。

サーチターゲティングはユーザーをターゲティングします。
設定するキーワードは対象がユーザーが過去に検索したキーワードです。

コンテンツターゲットはサイトをターゲティングします。
設定するキーワードは広告を表示したいサイトのコンテンツにありそうなキーワードになります。

キーワードを登録することはサーチターゲティングと同じですが、設定するキーワードの意味が変わります。

トピックターゲット(YDNでの名称はサイトカテゴリターゲティング)

サイトの属性をターゲティングする方法です。
広告を表示したいサイトの属性をターゲティングすることで、サイト属性に合わせた広告配信が可能になります。

インタレストカテゴリターゲティングと混同されることがありますが、インタレストカテゴリターゲティングは人の興味関心をターゲティングする方法で、トピックターゲット、サイトカテゴリターゲティングはサイトの属性をターゲティングする方法になります。

プレースメントターゲット

プレースメントターゲットは広告を配信したいサイトのURLを指定し、配信する方法になります。
対象のサイト内にYDNやGDNの広告枠がない場合、当然ですが広告配信はできません。