SNS広告・インフィード広告

facebookのページ運用とfacebookページを宣伝広告のススメ!またバナーサイズなど、よくある疑問もお応えします

facebookのページ運用とfacebookページを宣伝広告のススメ!またバナーサイズなど、よくある疑問もお応えします
Pocket

 

 

様々な媒体がある中でも導入しやすいのが、facebook広告です。

広告代理店じゃなくても開始することができるので、いろいろな人達が運用を独学でされていることが多いです。

ただ、導入はしやすいですが機能がとても多く複雑なのも事実です。

この記事ではfacebook広告やページ運用にまつわる疑問について書かせていただきます。

facebookのページをうまく利用することで、サイトへの誘導や見込み顧客と接点を作ることができる

facebookのページをうまく利用することで、サイトへの誘導や見込み顧客と接点を作ることができる

facebookは全世界で利用されているSNSです。

月間利用者数は世界で17億を超える非常に大きなSNSで、子会社であるInstagramの利用者数も含めると20億以上の利用者数になります。

個人アカウントでは主に、プロフィールの投稿、友人などと交友するメッセージ機能やタイムラインにテキストから写真、動画などを投稿をしたりコメントをする機能が使われています。

facebookでは個人アカウント以外にページを作ることができる

facebookには個人アカウントの利用以外にも、企業やグループなどのfacebookページを作ることが可能です。

facebookページで写真やバナー、サイトのリンクなどを貼ることでページをフォロー(いいね!)をしているユーザーに対して情報を発信することができます。

図2

SEOなどの集客方法では、ユーザーが検索して初めて集客することができますが、facebookページの場合投稿を行うだけでユーザーに対して情報を届けることができるのが魅力の1つです。

facebookページをフォローしているユーザーの動きも確認することができる

もう1つの魅力がどんなユーザーが、どんな投稿に対して反応をしているのかを確認できる機能があることです。

図3

この機能を利用すれば、自身のページをフォローしているユーザーがどんな情報に興味を持っているのかがわかる為、そのユーザーに対して適した投稿を考えることが可能になります。

facebookのページをうまく利用することで、サイトへの誘導や見込み顧客と接点を作ることができる

facebookページをうまく利用すれば、投稿を使いながらユーザーをサイトに誘導することも、サービスを伝えることも可能になります。

その為には上記で書いたどういった投稿に興味を持たれるのかを分析していくことが大切になります。

サイトに誘導してすぐすぐコンバージョンに近しい動きをしてもらえれば良いですが、実際にはうまくいかないことの方が多いです。

まずページのフォロワーであるユーザーに「有益な情報を発信しているページ」と思ってもらうことが非常に大切です。

facebookのページの投稿内容はどういう風に考えるべきか

先ほども書いた通り、ユーザーに「有益な情報」と思ってもらうことが必要です。

投稿の基本はユーザーが欲しい情報、How to系のコンテンツや手元にないとわからないサービスの詳細、利用者しかわからない感想などを細かく丁寧に伝えていくことが大切です。

ユーザーがその商材やサービスに魅力を感じたタイミングで、定期的に商品をお勧めしコンバージョンへとつなげます。

つまり、商品を買いませんか?

よりも、こういったことにお困りありませんか?その場合こうしたら良いですよ(無料)。さらに〇〇さん(ユーザーを明確に)の場合はこういった方法もオススメです(無料)。
有料ではこういった方法もございますので資料を見てみませんか?

のような流れですぐに商品を売る(コンバージョン)のではなく、悩みに答える(商品を得ることで生まれる価値)を少しずつ提案していく形がページ運用のポイントです。

もちろん全ての商材やサービスに当てはまるものではございませんので、目的を明確にしつつ、運用を進めていくことが大切です。

facebookページのいいね(フォロワー)を増やす方法

facebookページのいいね(フォロワー)を増やす方法

早速、facebookページを作ったとしてもそのページを見てくれる人を増やさないことには意味がありません。

サイトやブログなどを運用している場合は、facebookページのいいねを進めるボタンがありますが、そういったサイトやブログを運用していない場合は人数を増やすことは難しくなります。

無料でfacebookページのいいねを増やす方法

無料でいいね!を増やすツールなどもありますが、1番効果的なのは人に紹介されること。つまりシェアしてもらう方法です。

どんな宣伝やPRよりも自分が知っている人が紹介している方が効果は高いです。

シェアといっても大きく話題になる必要はありません。必要な人にだけ届けばいいのです。量ではなく質が大切です。

どういった投稿や内容でシェアを狙うのか

例えば、美容院のページを運用する場合メニューなどの紹介だけを行なっていてはいけません。

それよりもユーザーが関心の高いヘアセットの方法など、ユーザー自身でも使えるような情報(無料でできること)を伝える方が効果的です。

さらにその情報にも工夫が必要です。

例えば「〇〇メイクの方法」と紹介するよりも、「朝の時短に3分でできる簡単◯◯メイク術!」と紹介する方が興味を持ってもらえます。

発信する内容は、ユーザーがこの情報を知った時に何が変わるのか?を簡単に想像できる、ハードルが低いものが伝わりやすくなります。

facebook広告を使ってページのいいね!を増やす

facebook広告を使ってページのいいね!を増やす

facebook広告ではサイトに誘導させる広告、店舗などの来店を促す広告。

資料ダウンロードなどの登録を誘導させる広告、さらにページいいね!を増やすための広告が存在します。

facebookいいね広告を行う際に意識すること

今後facebookページで商品やサービスをシェアしてもらうことを目的とする場合は、その情報を周りに広めてくれるインフルエンサーのようなユーザーにページを知ってもらうことが大切になります。

そのため、できるだけfacebook上で繋がりが多いユーザーやアクティブに動く可能性のあるユーザーを狙うことが大切です。

どんなユーザーに広告を出すかを決めるターゲティング

その為にはどんなユーザーに広告を出すのかを決めるターゲティングがとても大切になります。

とはいえ、限定的に絞りすぎるとほとんど広告は出なくなります。

なので、こういったユーザーに広告を見せてもあまり意味がない。と思えるユーザーを除外していく方法をお勧めします。

配信設計はあくまでも効果を元に行う

広告の運用は事実から仮説を立て、検証することがとても重要です。

事実を集める為に配信を行い効果を見る。

配信した結果、効果が良かったのが「20台の女性、美容、旅行に関心あり」だった場合、次の配信はこのターゲット像に配信を絞れば良いのです。

facebook広告のバナーサイズと広告の種類

facebook広告のバナーサイズと広告の種類

最後によく質問をされるfacebookのバナーサイズと広告の種類について紹介させていただきます。

facebook広告の種類とバナーサイズ

facebook広告のバナーサイズやfacebookページに必要なバナーサイズの一覧になります。

目的サイズ
facebookカバー820×360(トリミングを考慮し、要素は640x312内に入れる)
facebookプロフィール170x170
facebook リンクアド1200x628(20%ルールには注意)
facebook カルーセル1080x1080(20%ルールには注意)

facebook広告以外のバナーサイズはこちらをご覧下さい。

過去の記事:【保存版】バナーサイズ一覧表 【YDN・GDN・facebook・Line Ads Platform・FreakOut・twitter・インフィード広告やブランドパネルまで】

また広告ではテキストルールというものが存在します。

バナーや写真に載せるテキストの全体量が20%を超えると、広告を配信される量が極めて限定的になる為、テキストを入れる場合は20%内に抑えることをお勧めします。

下記のリンク先ではテキストが20%を超えているかを確認することができます。

リンク:facebookテキストオーバーレイツール

最後に

今回はざっくりfacebookページの運用方法やfacebookいいね広告などを紹介させていただきました。

またfacebook広告に関しても色々と書きたいと思います。

バナーラボではfacebook広告以外にもLine Ads Platformやディスプレイ広告の考え方などの記事も書かせていただいております。

良かったらお読みください。

過去記事:「バナーデザインの参考に!」レイアウト別に秀逸なバナー事例を紹介します!

過去記事:広告運用者必見!【LINE Ad PLatform】の業界別バナーと仕組みをまとめてみた!